ミネラルは代謝に必須の栄養素?

ミネラル不足起こる症状は?

野菜に含まれている酵素を助ける『ミネラルの役割』。
不足しがちな野菜には、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。
私たち人が活動するためには、たんぱく質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラルの
5大栄養素が必要と言われています。

ビタミンやミネラルには、体の代謝を助ける働きがあり
他の栄養の働きも助ける役割があるので体にとっては必要不可欠です。

ミネラルにいたっては、5大栄養素の中では約4%ですがこの4%がとても大事です。
体内に取り入れた栄養分はまず分解されます。
分解する時には酵素という栄養素によって分解されさらに細かく分かれます。
その酵素の働きを助けるのがミネラルです。


さらになぜミネラルが大事かというと、
ミネラルは体内で作ることができないため食べ物から補うしか方法がありません。
必ず必要な栄養素なので、体外から摂取する必要があるんです。


人間に必要といわれているミネラルの種類は16種類と言われています。



《ミネラルの種類》

ミネラルは主に主要ミネラルと微量ミネラルに分かれます。

■主要ミネラル

硫黄(S):骨や皮膚、髪の毛などを形成する。有害なミネラルに働きかけ脂質や糖質の蓄積を防ぐ。

塩素(Cl):胃の中にある胃液中の塩酸という成分に含まれている。不足すると消化不良などの症状を引き起こす。

ナトリウム(Na):体液中にナトリウム塩。大量の汗を欠くと一緒に排出されていまうので、補う必要があり。

欠乏すると、脱力感や吐き気などの症状を引き起こす。

マグネシウム(Mg):骨を健康に保つ働き。代謝する際も必須とされるミネラル。

カルシウム(Ca):ミネラルの中で一番多い割合で存在する栄養素。4%中の1~2%を担っている。骨や歯の形成を
する。

リン(P):エネルギーの代謝や骨を作る働きがある。脂質代謝もサポートする大事な栄養素。

カリウム(K):細胞の働きを促進し、神経の伝達に関して大事な役割の栄養素。


■微量ミネラル

鉄(Fe):たんぱく質と結合し、血中のヘモグロビンとして酸素の運搬を行う。不足すると貧血を引き起こす。

亜鉛(Zn):たんぱく質の合成や細胞の成長などの働きを助ける。不足すると、食欲不振や味覚障害などの症状を引き起こす。

銅(Cu):骨や筋肉、血液にあり、鉄の吸収を促進や造血の働きがある。

マンガン(Mn):代謝で大事な酵素の働きを活性化させる栄養素。不足するとあらゆる代謝の障害となります。(骨、生殖、皮膚、糖質など)

ヨウ素(I):甲状腺ホルモンの中心成分。乳幼児の成長期の発育を促す働きがある。

セレン(Se):抗酸化作用や有害なミネラルの排出する働きがある。微量で良いので、サプリなどによる過剰摂取にならないよう注意。

モリブデン(Mo):糖質、脂質の代謝を促進する働きがあり、貧血を予防します。

クロム(Cr):代謝全般に関わる。糖質やコレステロール、たんぱく質などの代謝を助けています。

コバルト(Co):ビタミンB12を構成する成分のひとつ。造血のサポートや消化管や中枢神経を正常に保つ役割がある。

主要ミネラルと微量ミネラルには国から定められている規定量が違ってきます。
主要ミネラルは1日100mg、微量ミネラルは1日100mg以下のミネラル量で大丈夫です。
微量でも必要なミネラルなのでバランスよく取り入ていきましょう。

ミネラル不足で起こる症状は?

ミネラル不足で起こる主な症状はこちら。


《ミネラル不足で起こる症状》

・高血圧
・骨粗しょう症
・アレルギー症状は起こりやすくなる
・食欲の減少
・体のだるさ
・体重の減少
・関節炎
・イライラ
・頭痛
・手足のしびれ
・吐き気
・血圧の低下
・めまい
・疲労感
・筋肉痛
・しびれ

など



かなりたくさんの症状が現れますね。
ミネラルは全体の割合こそ少ないですが体にとっては
とても大事な役割を果たしています。

ミネラル不足を解消する方法は?

ミネラルは体内で生成されない為、ミネラルを含む野菜を摂ることです。



《ミネラルを多く含む食べ物》

カルシウム:牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品、干しえび、煮干し、ししゃも、ごま、など

ナトリウム:ザーサイ、紅しょうが、高菜漬け、しらす、辛子明太子、たらこ、いかの塩辛、焼きちくわ、あおさ、など

カリウム:にんにく、しその葉、枝豆、ほうれん草、かぼちゃ、さわら、かんぱち、煮干し、ピスタチオ、アーモンド、など

マグネシウム:ごま、アーモンド、あおさ、あおのり、きな粉、油揚げ、豆みそ、木綿豆腐、干しえび、焼きのり、など

リン:するめ、干しえび、しらすぼし、ごま、カシューナッツ、アーモンド、ピスタチオ、味付けのり、など




《微量ミネラルを多く含む食べ物》

:煮干し、干しえび、卵、あおのり、岩海苔、ひじき、ごま、カシューナッツ、アーモンド、など

亜鉛:牡蠣、かに、わたりがに、煮干し、からすみ、するめ、パルメザンチーズ、ごま、ほしのり、卵黄、など

:ごま、カシューナッツ、ほしえび、とうがらし、きな粉、バジル、など

マンガン:くるみ、アーモンド、しょうが、あおのり、大豆、紅茶、玉露、小麦、メープルシロップ、など


主に、干しエビなどの乾物や、のり系(干したもの、岩のりなど)、ごま、アーモンドなどのナッツ類などが
どの栄養成分でもよく登場していました。どの栄養素にも属している食材をたべることは
一石二鳥になりおすすめですよ。

まとめ

現代の人はかなりミネラルが不足していることが多いので、積極低に取り入れて行きましょう^^
青汁は効率よく野菜の栄養ももビタミンなどのミネラルなども摂れるので、お手軽に体調管理にもなり
おすすめです!1日100円くらいで補給できるので良いですよ〜!


黒糖抹茶青汁寒天ジュレの一番お得に購入できる場所や、有用成分、
口コミ、商品レビュー、おすすめの人などについて詳しく知りたい方は、
トップページから詳細を確認してみてください。
黒糖抹茶青汁寒天ジュレのおトクな購入方法もご紹介しています。

 

サイトマップ